【8月企画展開催予告】ギャルリー・アルマナック吉祥寺「水辺の風景画展」

*このページは移転いたしました。→ https://www.atelier-blanca.com/blog/2017/07/18/kichijoji-waterside-landscape/

ロルフ・ラフルスキー「ノートルダム遠望」(リトグラフ)
ロルフ・ラフルスキー「ノートルダム遠望」(リトグラフ)

 

こんにちは。

ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

7月も中旬を過ぎ、いよいよ夏本番!まばゆい太陽の日差しが降り注ぐ季節がやってきました。

気温がぐ~っと高くなるこの時期はやはり、海辺や湖畔、川岸など冷たい水のある場所が恋しくなりますね。

古今東西、多くの芸術家たちも、そんな涼しげな風景に魅せられてきました。

 

特に、故郷であるノルマンディー地方や南フランスの海に取材した、

美しいセルリアン・ブルーのある光景を描き続けたのがラウル・デュフィ。

 

 

 

 

「海から遠く、きらめく水の流れる河川すらない土地に住む人は不幸です。」

という言葉まで残しています。

 

海辺で制作するデュフィ
海辺で制作するデュフィ

 

太陽の光に反射し、無限の煌めきをみせる「水」という主題は、

生の喜びや活気に満ち溢れた作品を多く残したデュフィにとって、なくてはならない絶対的なインスピレーション源だったのでしょう。

 

デュフィ「ドーヴィルの港」
デュフィ「ドーヴィルの港」
デュフィ「ニースのカジノ」
デュフィ「ニースのカジノ」

 

 

 

 

 

 

 

 

日光や大気の微妙な変化を捉えようとした印象派にとっても「水」は最適の題材。

印象派の代表的な画家であるモネやルノワールは、

揺れ動く水面の一瞬を細かな筆致で描き、そのきらめきを永遠にキャンバスに閉じ込めたのです。

モネ「ジヴェルニーの睡蓮」
モネ「ジヴェルニーの睡蓮」
ルノワール「アスニールのセーヌ川」
ルノワール「アスニールのセーヌ川」

 

また、バルビゾン派の画家たちが好んで描いた題材といえば、牛や羊など家畜とともに慎ましく暮らす農民の姿。

彼らの日常生活と「水」のある風景もやはり切っても切り離せない関係でした。

日々の糧を与えてくれる家畜や彼らを潤す池や湖の水。

バルビゾン派の画家たちが描いた「水のある風景」にはどこか神々しい輝きすら感じます。

 

エドゥアール・ピネル「洗濯する女」
エドゥアール・ピネル「洗濯する女」
カミーユ・コロー「山羊飼い」
カミーユ・コロー「山羊飼い」

 

来月のギャルリー・アルマナック吉祥寺では、

これらの画家たちの他、マティスやシャガール、ミュシャらを始め、「水のある風景」が描かれた40点を特集。

 

夏を、海を、そして水のある風景を愛した画家たちが描く「涼」を感じに、

是非いらしてくださいませ。皆様のお越しを心よりお待ちしております。会期予定:8/1(火)~8/31(木)

(R・K)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

アトリエ・ブランカでは、軽井沢・吉祥寺の直営ギャラリーにて、

アール・ヌーヴォーやアール・デコのガラス工芸をはじめ、 絵画や版画、挿画本、シルバーウェア、

アンティークジュエリー、彫刻・ブロンズ、アンティークカードなど

美術館さながらの見ごたえある作品を販売しております。 

 

アトリエ・ブランカHP

http://www.atelier-blanca.com/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

←次の記事

前の記事→